第33回勉強会

ドアホンの開発もだいたい形ができたので、今月は状況報告になります。

2017年の10月から開始して、長かったものです。

こんな仕様から

現在はこんな構成に。

回路の拡大はこちら。

ボタンを押すと、PushONと表示するようにして、ON/OFFの確認してみました。

ボタンOFF時に、動作が安定しなかったのですが、IGPOの設定にこんな機能あったんですね。

GPIO.setup(INPUT_NO, GPIO.IN, pull_up_down=GPIO.PUD_DOWN)

次は通信の確認です。

送信側のプログラムを起動します。

続いて受信側のプログラムも起動します。

受信側を起動すると、送信側で接続メッセージが表示されました

接続すると発光ダイオードが点灯しました。

次はスイッチを押して、送信確認です。

スイッチを押すと、送信側では送信側へメッセージを送信します。

受信側でメッセージを受け取れました。

カメラの映像は、受信側ではブラウザを使って確認できます。

本当は専用の画面を用意したいところですが……。

現状は、回路構成と中身のプログラムのみなので、

後はケースを用意してドアホンっぽく作らなくては……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

第32回勉強会

次の記事

第34回勉強会